ペグホルダーを作ってみた

先日のキャンプ場が地面が硬く、無理やりペグダウンしたらかなりのペグを曲げてしまい・・・安物のテントに付属のペグだから仕方ないな~と思いつつ、買い替えだよなぁと。

曲がった付属ペグたち

曲がった付属ペグたち

そんなわけでがつんとペグを買い込んだのです!スノーピークのソリッドステーク20を10本!

ソリッドステーク20 10本

ためしに庭で打ってみて、頑丈さと芯が通っているうち易さに感動したところで、これまとめにくいよなーと。いままでの袋にいれていたのでは崩壊必至。

そんなわけで3Dプリンタでペグホルダーを作ってみることに。

いろいろと思考錯誤した末にたどりついたのがこちら!

pegholder10

一見ただの筒のようで実際そうなんですが、これがいい塩梅になるようになってまして。

まずは片側から、頭が交互になるようにペグを刺していって、

2014-06-23 23.59.56

そして反対側からもペグを刺していきます。ペグの先端が反対から刺したペグのループの部分におさまるので袋を破く心配もなし。

 

2014-06-23 23.58.06

全部つめるとこんな感じに。コンパクトで無駄な容積も食わない、いいホルダーができたんじゃないかなーと。次のキャンプが楽しみっすわ。

ペグホルダーに刺さったペグ

軽くググったところ、こういうものを作ってる人はいないようなんで、ほかのキャンパーの方なんかにも勧められたらいいなーなんて。

カッティングプロッタ導入しました!

前々からほしいなーと思っていたカッティングプロッタ。最近周りの人が導入してわいわいやっていたので再度調べてみたら思ったより安いな?ってなって買っちゃいました。 ボーナス来ますしね。

シルエットカメオ

シルエットカメオ

仕入れたのはグラフテック取り扱いのシルエットカメオ。 305mm幅対応で、A3ノビサイズまで切れるんで結構大きいものもいけちゃう。 主にバイク用にロゴとか出力していこうかなーと考えてるんで、あんまり大きい必要はなかったのだけど、これが安かったのもあり。

noja工房ロゴ

noja工房ロゴ

この程度のロゴなら出力まであっという間でした。カッター刃の出代調整とかはあるものの、3Dプリンタの調整と思えばずっと簡単で早くて これがおもちゃと製品の差だよなーと。3Dプリンタもいつかはこのぐらいの手軽さではじめられるようになるんでしょうね。 ロゴとかきれるようになったことだし、ごちゃごちゃになり過ぎない程度にいろいろ貼っていきたいなーと