インフレータ取り付け

林道を走るときはタイヤの空気圧を下げたい。

でも帰り道はまた空気圧上げないとタイヤの磨耗が増えちゃう。

そんな問題の解決策としては空気入れを携行することなんでしょうけど、どうせだったら電動にしてしまえば楽だし?NCならつんで置けるしなー ってことで ラゲッジスペースに積んじゃいました。

タイヤ周りに触るときはエンジン切っておきたいし、電源はバッ直で。

ラゲッジスペースの中、目の前にバッテリーが積んであるので施工は簡単でした。

これで空気圧の悩みは解決。ガンガン林道であそべますな!

空気入れだって常設できる!そう、NC700Xならね

「インフレータ取り付け」への2件のフィードバック

  1. いろんなモノを入れるスペースがあるのが滅茶苦茶羨ましい……。

    GSは隙間がなさ過ぎて大変です;;

    1. これがこのバイクの売りですからねぇ。ラゲッジ以外にも、カウルの隙間にも色々詰められるので色々遊べそうっすわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です