PRN3D組み立て その2

昨日、パーツ欠品で組み立てられなかったPRN3Dですが、欠品の旨をメーカーに問い合わせた結果が起きたら届いてました。

欠品パーツ送ります、とのこと。この応答の速さは日本だなぁ、って感じですが、どうせ日本クオリティなら欠品がない納品をお願いしたく。

世は先週に引き続いての大雪で、物流も影響を受けているだろうし明日届くとかはないだろうなぁと。 この週末は無理かなぁなんて考えて、できるところまで組んだところで出かけたりして。友達と飯を食ってるときにふと、

「ナットなんて作ってしまえばいいじゃない」と思い至りまして。

帰って早速実行。アルミフレームに収めるには普通のナットをベースにするとどうしても厚くて入らないんですが、フレームに入るサイズの板にタップを切ればいいって思い至れば簡単なこと。

手持ちのアルミフラットバーを漁ったところ、2x10mm品がちょうどよさそうなのでこれを使うことに。ストックはしておくものですな。

自作アルミフレームナット

ちょいと時間はかかったものの作成完了。昨日の時点で思いついていれば今日一日も組み立てに使えたものを・・・という気持ちはありつつも、早速フレームの組み立て。

フレーム組み立て

そのほかのパーツもどんどん組み立て。そんなに難しいところはないんですが、ねじの長さが場所によって違ったりするのでそのあたりを確認しながらやっていくとどうしても時間がかかりますな。組み立て&試運転完了

どうせ部品がきたらバラしてくみなおすので仮で適当に配線して動作テスト。PCと接続するとあっさり動作。 精度を追い求めるといろいろあるんでしょうけど、とりあえずでも動いてくれるってのはうれしい。

いろいろ調整しつつ遊んでいきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>